スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | -


M-1グランプリ2008 感想
年末の一大行事、M−1グランプリの感想です。
ネタバレ注意。

島田紳助が「もう上手い下手じゃなく好き嫌いの審査になってる」って言ってた。同感!と、いうことで、私の感想も好みかどうかが全てですので他の評価とは全く異なると思います。偏ってますがよろしくどうぞ。

ダイアン
かなり楽しみにしてた。相変わらずネタの発想が斬新。でもトップバッターというのはやっぱり空気が冷たくてやる方もつらそう。最初の方、話ひっぱりすぎでヒヤヒヤした。トップじゃなければと悔やまれる。

笑い飯
私の本命。もういい加減こいつらに優勝させてやってくれ!と心の中で祈りながら見ていたから、ちょっと冷静に評価できないかも。いつもとちょっと変わった切り口で、いつも以上に面白かった。が、笑い飯のピークはやっぱり歴史民俗博物館で最後だったのか。

モンスターエンジン
誰?…と思ったら「神々の遊び」の人たちかー!漫才は初めて見たけど…うん、来年に期待。

ナイツ
小さい笑いで手数をかせぐタイプで、正直「優勝候補と言われてるけど、ないなぁ」と思っていたものの、さすがに面白い。ただ、要するにダジャレでしょ。あれって。ダジャレ漫才は好みじゃない。とか言いつつやっぱり笑ってしまうのであった。

U字工事
この面白さは、北関東と南東北の人しか絶対に分からないだろうな。群馬と茨城と栃木の力関係(?)とか、埼玉への憧れとか微妙すぎる。内輪受けと言われようが面白いものは面白いんです。西の方のお笑いファンにはごめんねごめんね〜、と言って謝るしかない。私たちU字工事が大好きです!と南東北の住人を勝手に代表して叫びたい。

ザ・パンチ
爆笑レッドカーペットで見た方が面白いな。あれより長い時間だと無理なのか?

NON STYLE
なんというか…すごく普通。審査員からすると上手いらしいんだけど…すごく…普通です。一生懸命やってるし爽やかでいいんだけど。個人的にあの早口の喋りがちょっと苦手で、聞き取ることに集中してしまうせいかドカンと笑えず、「普通だったね」で感想終了。

キングコング
特に言うことのないコンビ。

オードリー(敗者復活)
ここが来たか!納得。順当だと思う。春日のキャラだけで押すんじゃなくて、ちゃんとネタの一つ一つで笑わせてくれる。それにしても春日は度胸あるよね。

ファーストラウンドが終わったところで好きなコンビが消えてしまい、「なんだかもう…誰が勝ってもいいや。どうでもいいや」な心境に。私の採点だと、笑い飯・U字工事・オードリーの順だった(あくまでも個人の好みです!)。

最終決戦

ナイツ
あのスタイルでファーストと最終と2回連続で突き進むのは限界があると思う。中笑いの連続。ナイツならもっとできる!

NON STYLE
ファーストラウンドより良かった!でも、感想は結局「普通に面白かったね」で終わってしまうんだよなぁ…。相性が悪いみたい。

オードリー
一回見たネタだけど怒涛の展開にまた笑ってしまった。春日が愛らしいですほんとに。

最終決戦が終わって、どこが勝ってもいいけど好みではオードリーかなと思っていたら、オードリー2、NON STYLE4で NON STYLEの優勝。おぉー、そうなのか。

私にとって今年のM−1は、とにかく「笑い飯の2本目が見たかった!」これに尽きる。



|テレビ | comments(0) | trackbacks(0)


うさぎと暮らす日々、思うこと。

管理人:ayu
二人と二匹で東北暮らし。
アキ フユ
 アキ(雄)
 やんちゃ
  フユ(雄)
 マイペース